動物性の成分が重要


キャットフードで重要なことは、動物性の物がどれだけ含まれているのかという点です。基本的に猫というのは肉食なので、100パーセント動物性の餌を与えても問題はありません。しかし、近年販売されているキャットフードには、植物性の食材も使用されているのですが、キャットフードを購入する場合には、できるだけ動物性の食材を多く使用している物を選びましょう。

中には野菜のニンジンや高麗ニンジンを配合したキャットフードもあるのですが、もちろんこのような種類のキャットフードを選んでも問題はありません。ただし、動物性タンパク質の多い食材を使っているか確認してからでなければいけません。最低でも70パーセント以上、できれば80パーセント以上動物性タンパク質が含まれていることが重要になります。

調味料や着色料は使用されていない種類を選ぶことが大切です。最近は開封した後でも鮮度を保てるような種類のキャットフードも登場しているので、このような種類を購入してみましょう。ちなみに高麗ニンジンと、一般的な野菜のニンジンの両方を使用しているキャットフードも販売されています。もちろん他の原材料に何が使用されているのかも重要ですが、おすすめできる種類だと言えるでしょう。