動物性の成分が重要

キャットフードで重要なことは、動物性の物がどれだけ含まれているのかという点です。基本的に猫というのは肉食なので、100パーセント動物性の餌を与えても問題はありません。しかし、近年販売されているキャットフードには、植物性の食材も使用されているのですが、キャットフードを購入する場合には、できるだけ動物性の食材を多く使用している物を選びましょう。

中には野菜のニンジンや高麗ニンジンを配合したキャットフードもあるのですが、もちろんこのような種類のキャットフードを選んでも問題はありません。ただし、動物性タンパク質の多い食材を使っているか確認してからでなければいけません。最低でも70パーセント以上、できれば80パーセント以上動物性タンパク質が含まれていることが重要になります。

調味料や着色料は使用されていない種類を選ぶことが大切です。最近は開封した後でも鮮度を保てるような種類のキャットフードも登場しているので、このような種類を購入してみましょう。ちなみに高麗ニンジンと、一般的な野菜のニンジンの両方を使用しているキャットフードも販売されています。もちろん他の原材料に何が使用されているのかも重要ですが、おすすめできる種類だと言えるでしょう。


高麗ニンジンを配合

キャットフードの中には、高麗ニンジンを配合した種類も存在しています。高麗ニンジンは、昔日本では薬として用いられていましたし、現在でも漢方薬やサプリメントにも使用されているので、人間の体によいことは間違いないでしょう。では、猫の体にはよいのでしょうか。もちろんキャットフードに配合して、食べさせたからと言って問題が生じることはありません。

人間にも滋養強壮や疲労回復の効果が見込めるように、猫にも同様の効果があると言われているのです。ただし、高麗ニンジンその物を購入して、直接与えるのはおすすめできませんので、必ず配合されている種類を購入するようにしましょう。また、高麗ニンジン以外の食材もいろいろと使われているのが一般的なので、他の成分や食材もきちんと確認してから購入しないといけません。

ここで、高麗ニンジンを配合したキャットフードを与えるときの注意点が1つあります。それは肝臓が悪い猫には与えてはいけないという点です。もし与える場合には、獣医師に相談をして、猫の健康診断を行って問題ないという結果が出てから与えるようにしましょう。そうしないと猫に負担をかけてしまうことに繋がります。自分でキャットフードに混ぜてもよいのですが、過剰摂取になる可能性があるため、最初から配合されているキャットフードを購入しましょう。


珍しいキャットフード

最近はキャットフードもかなり種類が増えてきたと言えるでしょう。そんな中には珍しい種類も存在しています。その1つがニンジンを配合したキャットフードです。もちろん多くの人が普通に食べている野菜のニンジンを配合している場合もあれば、江戸時代には高価な薬として用いられていた高麗ニンジンを配合したキャットフードも存在しています。高麗ニンジンは、人間が食べればとても健康によく、滋養強壮効果があると言われていますが、猫はどうなのでしょうか。

一般的な野菜のニンジンも、あまり猫にあげるという人はいません。もちろん無理に与える必要がないことは知っているでしょう。なぜなら猫は肉食であり、野菜を必要としない生き物だからです。もちろんニンジンであれば、与えても何か害になるというわけではありません。もちろん農薬を大量に使用していたり、添加物を大量に使用していたりすれば別です。また、野菜の中でもたまねぎや長ネギなどのネギ類は絶対に与えてはいけません。

しかし、ニンジンには豊富な栄養素が含まれていることは確かなので、ニンジンを配合したキャットフードを与えるというのはよいでしょう。しかし、高麗ニンジンを含むキャットフードは比較的見かけますが、一般的なニンジンを含むキャットフードというのはあまり見かけません。そのため、自分で手造りをしてもよいのですが、与え過ぎないように注意しましょう。当サイトではニンジンを含むキャットフードの情報を記載しているので、興味のある人は見ていただければ幸いです。